社内制度・福利厚生がユニークな企業TOP100

マッサージや妊活休暇、TDRの優待利用も!

なおランキングの対象は、カイシャの評判の掲載企業のうち、口コミ件数が累積300件以上で、アンケートへの回答者が30人以上の企業となっている。その対象社数は323社。平均ポイントは26.2ポイントだ。今回はそのうち、ランキング上位100社を紹介したい。上位の会社の多くは、実際にユニークな社内制度、福利厚生を実施しているところが多い。社員から出たコメントとあわせて実際に見ていこう。

トップはサイバーエージェント

首位は87ポイントでネット企業大手のサイバーエージェントとなった。ネット広告を中心に、アメーバブログやネットゲームなどを展開。今年4月からはインターネットテレビ局「AbemaTV」をテレビ朝日と開局している。同社は当初からユニークな人事制度や社内制度を取り入れており、それがランキングにも反映されているといえるだろう。

コメントでも、「福利厚生はいいです。住居手当もしっかり出るのはIT系では珍しいのではないでしょうか。特にマッサージは無料で受けられるのでよく利用していました」(20代男性/元・正社員/営業系)、「2駅以内に住むと家賃補助が毎月3万円支給されるため、新卒で入社した社員の多くが渋谷から2駅以内に住んでいる。月に数回食事の補助が出たり、軽食食べ放題などがあり、福利厚生は充実している」( 20代男性/現・正社員/営業系)、といった意見が出ている。このほか、妊活休暇や専門家のコンサルティングが受けられる妊活コンシェルなどの制度もあり、そうした取り組みが評価されているといえる。

2位には84ポイントでリクルートキャリアが続く。同社はリクルートグループの中で「リクナビ」などの就職活動関連事業や転職紹介といった事業を担っている会社だ。評価する声としてあがったのは「研修制度」。

コメントにも、「研修が充実している。新入社員研修のみならず、ロジカルシンキングやマーケティングなど、ビジネススクールで学べることに加え、プログラミングも学べる」(20代男性/現・正社員/企画・事務・管理系)、「業務時間を使って受けられる研修が多く、業務に密接に影響しなくても個人のスキルアップのために受けることができた」(20代男性/現・正社員/企画・事務・管理系)、といった意見が並ぶ。やはり人材サービス企業として、自社の社員のスキルアップについても注力している姿が伺える。

次ページリクルートはグループで評価高い
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。