円暴落とハイパーインフレで、日本は復活する

伝説のトレーダー、藤巻健史氏が語る「本物の円安論」(下)

財政は破綻するが円安で市場原理効き、日本は再生へ

残念ながら、安倍首相の経済政策は早晩行き詰まるでしょう。手法を間違えていること以上に、時期が遅すぎたのが致命的です。1000兆円超という現在の政府の累積赤字は、あまりに大きすぎます。ここまで借金が膨らんでしまったら、財政はもうもちません。残念ながら、タイムオーバーです。

家計にたとえれば、年収が460万円なのに銀行から借りまくって900万円も使うような生活をしているのですから。事ここに至っては、微調整の円安誘導によるマイルドなインフレは難しいでしょう。円の暴落とハイパーインフレを伴う過激なハードランディングしかありません。

ここで注意しなくてはいけないことは、「私は財政が破綻する」と言っているのであって、日本が破綻するわけではないのです。第2次世界大戦で「大日本帝国」はなくなりましたが、「日本」は力強く生き延びたのと同じです。

そして、その破綻がどんなに過激であっても、それはいわゆる「創造的破壊」であり、最終的には市場原理が機能して日本は再生すると、私は確信しています。効果のない量的緩和をだらだらと続けて、いたずらに傷口を広げるくらいなら、いっそ早く破裂したほうがいい。破綻の後、円が大幅に弱まれば、日本は一気に救われます。ハイパーインフレが不可避なら、むしろそれを前向きにとらえ、円安をV字回復の足掛かりとすべきなのです。

創造的破壊を早め、その後に続く日本再生をも早めたリーダーとして、安倍首相は歴史に名を残すかもしれません。皮肉ではなく、私は本当にそう思っているのです。*なお、藤巻 健史氏は6月10日「日本維新の会」より、7月の参議院選挙公認候補として発表されました。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。