女性政治家が浴びてきた「蔑視発言」の中身

ヒドイのはトランプだけではない

ドナルド・トランプ氏は、3回目の討論会でヒラリー・クリントン氏を「いやな女」と呼んだ(写真: Mike Blake/ロイター)

「本当に嫌な女だ」。

米共和党の大統領候補ドナルド・トランプが、そうつぶやいたのは、第3回テレビ討論会の終盤でのこと。もちろんその矛先は、民主党の大統領候補のヒラリー・クリントンだ。

例のごとく、特定の争点について、まとまった主張をしている時に出てきた言葉ではない。トランプにとって、特に「嫌な」トピックである社会保障について、クリントンが発言しているとき、衝動的に茶々を入れた一言だった。

その言葉は、フェミニストたちを激怒させ、ネット上にはたちまち批判的なミームがあふれた。だが、男性政治家がパワーのある女性に嫌味を言うのは、トランプが初めてではない(トランプほど露骨で下品ではないかもしれないが)。

1980年代、フランスのフランソワ・ミッテラン大統領は、英国のマーガレット・サッチャー首相について、「彼女はマリリン・モンローの唇と、カリギュラ(ローマ帝国の暴君)の目をしている」と評した。

バーバラ・ブッシュも夫の政敵を侮辱

もちろん野次や皮肉は政治に付きものだ。それに男性から女性に向けられるものとは限らない。トランプ自身、この選挙期間中に、相当な皮肉を浴びてきた。マーク・カーク上院議員は最近、「DJT(トランプのこと)はひなびたピエロだ」とツイートしている。

野次や皮肉は男性政治家の特権ではない。1933年にカルビン・クーリッジ大統領が死去したとき、女流作家のドロシー・パーカーは、「もう死んでたみたいなものじゃない」と語った。

ジョージ・W・Hブッシュ大統領の妻バーバラ・ブッシュも、女性相手にきつい嫌味を放ったことがある。まだブッシュがロナルド・レーガン大統領の副大統領だった1984年のこと。民主党の女性副大統領候補ジェラルディン・フェラーロについて、「言えないけど、(フェラーロは)リッチと韻をふむ言葉と似ている」と発言。「魔女(ウィッチ)」を示唆したとして、謝罪に追い込まれた。

次ページトランプの侮辱相手
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT