アップルペイに埋め込まれた3つの日本仕様

こんなに便利に使えるのは日本しかない

Apple Payでは、前述のとおり、指紋認証によって決済を確定させる機能がある。しかし改札を1秒で通過するのに、この指紋認証はロスとなる。そこで、Suica向けには「エクスプレスカード」と呼ばれる機能がApple Payに追加された。

iPhoneやApple Watchに登録したSuicaのうちの1枚を選択すると、改札やコンビニでの決済の際、指紋認証を回避して利用できるようになった。これにより、既存のSuicaカードと同じスピードで改札を通過できるため、朝のラッシュ時に滞りを作る心配がないという。

ロンドンの交通機関でもApple Payが利用されているが、改札を通過する際でも、店舗での決済と同様、指紋認証が求められる。そのことから考えると、「エクスプレスカード」は、いままでのApple Payからすれば、Suicaに限った例外的な対応である。

そして3点目は地図アプリとの連携だ。

「iOS 10.1では、マップアプリで、日本の乗り換え案内をサポートしました。たとえば六本木から甲府へ行こうとする場合、時間や路線だけでなく、ホームの番号まで、経路に表示されます。加えて、もしiPhoneにあるSuicaの残高が、検索した経路でかかる交通費を下回っている場合、残高が足りないことが地図上に表示され、ワンタップでチャージ画面を開くこともできます」(ベイリー氏)

最大のメリットはセキュリティとプライバシー

ベイリー氏が強調するのは、Apple Payで実現するより高いレベルでの、セキュリティやプライバシー上のメリットだ。Apple Pay全般のメリットに加え、Suicaについても、iPhoneに入れて使うメリットがあるという。

「セキュリティとプライバシーは、Apple Payで当初から重視してきました。もしApple Pay設定済みのデバイスを紛失した場合でも、「iPhoneを探す」や「iCloud.com」で、Apple Payの利用を一時停止、あるいはリモートワイプで削除することが可能です。Suicaについても、新しいiPhoneに、元の残高や定期券、特急券を復元することができます。

Apple PayをiPhoneに設定した場合でも、ユーザーのクレジットカード番号が、デバイスやAppleのサーバーに保管されることはありません。デバイスごとに固有の番号が発行され、セキュアエレメント(セキュリティ専用チップ)の中に暗号化されて保管されます。そのため、Apple Payでの決済で、店舗にカード番号が伝わることもありません」(ベイリー氏)

アップルはFeliCaをサポートし、コンタクトレス・ネットワークであるiDとQUICPay対応店舗をApple Pay対応店舗として活用できるようにした。加えてSuicaのサポートは、日々の暮らしにApple Payを浸透させる非常に大きな一歩となる。

米国でのApple Pay利用の体験から鑑みて、今後数年、あるいは5年以上にわたって、Apple Payをもっとも便利に利用できる国として、日本を追い越す国はまず出てこないだろう。

デバイスやApple Payそのものの仕様まで変更したアップルの強い意気込みからも、Apple Payの将来像をいち早く実現する点で、日本市場は重要なフィールドであることを感じさせる。
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT