ダイナム、首位マルハンに純益で互角

香港上場後の初決算、パチンコ減収でも大増益

昨年8月に、パチンコホール運営企業としては初の株式上場を香港証券取引所で果たして話題を呼んだ、業界2位のダイナムジャパンホールディングス(以下、ダイナム)。

パチンコホール業界は不況知らずで稼いでいるというイメージが強い反面、過去20年近くにわたって30兆円市場から20兆円市場まで縮小するなど右肩下がりの産業であることも確か。その中でダイナムはどのような業績を上げているのか。

同社は5月29日、香港上場後では初となる本決算(速報値)を発表した。それによると、前2013年3月期(IFRS=国際会計基準ベース)は、売上高(遊技業収入)が前期比0.7%減の1639億円と小幅減収で着地したものの、営業利益は同13%増の342億円、純益は同32%増の209億円と、利益面では大幅増益を達成した。

純益では同業最大手マルハンを僅差で上回る

純益209億円は、パチンコホール運営最大手であるマルハン(未上場)の前期純益203億円を上回る。ちなみに前々期の12年3月期の純益は、ダイナムが158億円、マルハンが248億円であり、僅差ながら逆転したことになる。

国内証券取引所に上場している企業と比べても、直近決算期で純益200億円前後は、京成電鉄(219億円)、アコム(208億円)、楽天(194億円)、野村不動産ホールディングス(193億円)などに匹敵。最新上場企業純益ランキングに当てはめると、全3500社強ある国内上場企業の中で170位前後の水準となる。

ダイナムは店舗数ではパチンコホール業界でトップ。売上高のベースとなる店舗数は3月末で362店を数え、1年間で7店の純増となった。パチンコ・パチスロ機の総設置台数では、同じく3月末で16万1542台となり、1年間で4356台が純増した。

次ページ売り上げはなぜマルハンの1割以下?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。