ダイナム、首位マルハンに純益で互角

香港上場後の初決算、パチンコ減収でも大増益

これに対し、日本基準では貸玉収入がそのまま遊技業収入となるため、ダイナムの2013年3月期の売上高は9291億円に膨らむ。同期のマルハンの売上高2兆1368億円に比べれば43%の水準であり、両社の売上高の差はかなり縮まる。

同じ日本基準でみると、ダイナムの12年3月期の売上高は9083億円であり、13年3月期は小幅増収(前期比2.3%増)になる。それがIFRS基準では小幅減収(同0.7%減)になってしまうのは、景品出庫額の増加が貸玉収入の伸びを上回ったため。低貸玉、低貸メダル機の拡大で貸玉収入の伸びが抑えられたことが影響している。

今後の計画は未公表だが、店舗数拡大では独走か

今2014年3月期以降の計画については、香港証券取引所への上場に伴う制約から、会社側は現時点では明らかにしていない。

ただ、ダイナムジャパンホールディングスの佐藤洋治社長は、昨年12月に開かれた前中間決算(2012年4~9月期)発表会の席上で、「今期以降、毎年平均40店ずつ出店して、10年後には店舗数で1000店、業界シェア10%を狙う」と宣言。7店の純増に終わった13年3月期に比べ、14年3月期以降は既存店が多少伸び悩んだとしても、新店でカバーしていくことになりそうだ。

なお、出店戦略の面では、マルハンが都心での大型出店(パチンコ・パチスロ機の設置台数は1店当たり800~1000台超)を中心としているに対し、ダイナムは郊外も含めた中型店(同500台前後)が中心。

マルハンでは大型店を出店するための用地探しに比較的時間のかかる場合があるのに比べ、ダイナムでは出店用地の規模が小さい分、相対的に出店しやすい面がある。また、ダイナムは地方の中小型店を含めたM&Aにも積極的なため、店舗数では今後も業界トップを独走する可能性が高い。
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT