マルハン、太平洋クラブ支援企業の実力は

決算で判明!パチンコ停滞も純益は楽天並み

マルハンの韓裕社長は中期計画で「パチンコ事業以外で年商500億円を目指す」と宣言。

経営再建中のゴルフ場運営の名門、太平洋クラブのスポンサーに決まったマルハン。同社は、会社更生手続による再生を目指す太平洋クラブに270億円を拠出するうえ、コース整備などの設備投資に今後3年間で17億円を提供するなど、その資金力に注目が集まっている。

パチンコホール運営企業としては売り上げ規模で首位の同社だが、株式を上場していないこともあり、どのような実力を持っているのか、なかなか知られていないのが実情だ。

そのマルハンが、前2013年3月期決算とともに、今14年3月期から3カ年にわたる中期計画を5月29日に発表。あらためて同社の“稼ぎぶり”が明らかになった。

純益200億円は上場会社なら上位170位に相当

マルハンが発表した前2013年3月期決算(連結)によると、売上高は2兆1368億円で前期比2.8%増の小幅増収ながら、事業での儲けを示す営業利益では同23%減の396億円と2ケタの減益に終わった。為替差損益や金融収支、賃貸収入などを加減した経常利益では同19%減の424億円、特別損益や税負担を加減した純益は同18%減の203億円と、いずれも2ケタ減益を避けられなかった。

とはいえ、最新上場企業純益ランキングに当てはめると、直近決算期で純益200億円前後は、京成電鉄(219億円)、近畿日本鉄道(200億円)、小田急電鉄(196億円)など東西の大手私鉄や、アコム(208億円)、楽天(194億円)、野村不動産ホールディングス(193億円)などに匹敵。全部で3500社強ある上場会社の中で170位前後の純益規模となる。

次ページ1円パチンコ拡大で本業は伸び悩む
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT