四季報臨増発売!相場反転時の主役株を仕込め

『会社四季報』夏号の情報を11日前に先取り!

 

再び、黒田総裁が笑顔を見せる局面は訪れるか(撮影:尾形 文繁)

 

 日経平均の下値のフシは1万3000円前後か

株式相場が荒れ模様となっている。日経平均株価は一時、1万6000円に迫る勢いを見せたが、5月23日の取引時間中に中国の5月の購買担当者景気指数(PMI)が7か月ぶりの50ポイント割れとなったことが伝わると、市場関係者の強気ムードは一変した。日経平均株価は昨年11月中旬からわずか半年で8割を超える上昇率を記録し、スピード警戒感が台頭していただけに、PMIの内容に対して過敏に反応。それ以降、売り優勢の状況が続いており、同日には前日比1143円安、同月30日にも737円安と値下がり幅が大きくなっている。

急落場面を目の当たりにしては、投資家心理が委縮するのも避けられないところ。当面は上値の重い展開になる公算が大きい。日経平均は1万3000円前後が下値のフシとして意識されそうだ。

もっとも、いわゆる世界的な「リスクオフ」の流れが、株安の底流にあるわけではないと見られる。投資家のリスク許容度を示す米シカゴ・オプション取引所算出のボラティリティ・インデックス(VIX)、別名「恐怖指数」は5月23日以降も13~15ポイントで推移。同31日には16ポイントを超え、注意が必要だが、警戒域入りを意味する20ポイントをなお下回って推移している。

次ページ経平均に大きく関係するドル円相場の行方は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT