42歳で恋人7人、「バツ2経営者」の異常な欲望

東京カレンダー「新・婚活事情」<11>

仕事なんて、ぶっちゃけ、どうでもいい。若い女の子と、ずっと遊んでいたい
人生を左右すると言っても過言ではない、結婚という制度。特に都会では、そんな結婚に対するハードルが年々高くなっている。一筋縄ではいかない、現代の婚活。他人から見れば羨ましい限りの人生を送る東京人の、結婚に対する価値観、その裏に潜む闇、リアルな実情を覗きたくはないだろうか? 「東京カレンダー」の好評連載をお届けする。

 

孝弘、42歳、仕事は、ほぼニートです。独身、バツ2。今まで経営してきた会社は、ほぼ売ってしまいました。20代、30代とかなり働いたので、もう、僕はこの辺でいいかな、と。

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

資産はうまく海外にも分散させたので、僕が死ぬまで、いや、孫が成人するくらいまでは、たぶん楽に暮らして行けるでしょう。

今でも頑張っている部下たちや、僕を支援しようとしてくれる先輩たちにも、もう充分義理は果たしたと思う。みんな、それなりに金持ちになったはずです。

僕は人より頭が良い

昔から、金儲けは得意でした。

10代の頃から、株なんかの投資で損をしたことはないし、率直に言ってしまえば、僕は人より頭が良い、というより、第六感みたいなものが優れていると思います。だから周りの人間は、僕のことを、運がいいと言う。

20代で僕の会社が開発した、ある商品は馬鹿売れして、今では世界各国で売られています。派生商品も、どんどん売れる。しかし、まだ野心が冷めずに突き進んでいる仲間たちには悪いけど、ぶっちゃけ、僕、もう仕事なんて、どうでもいいんですよ。もう僕は、若くて綺麗な女の子たちと、ただ気楽に、遊んでいたい。

次ページ前妻たちは色気のない母親になってしまった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT