「アメトーーク!」日テレ独走を止められるか

日曜ゴールデン進出で吹く新風

ゴールデン進出は成功するか?(写真:日刊スポーツ新聞社)

テレビ業界では、日曜の夜は日本テレビの天下だと言われて久しい。19~22時のゴールデンタイムでは「ザ!鉄腕!DASH!!」「世界の果てまでイッテQ!」「行列のできる法律相談所」という高視聴率バラエティ番組が並んでおり、ずっと他局を寄せ付けていなかった。他局があの手この手で挑んでも、分厚い壁に弾き飛ばされてしまう。現状で唯一ここに対抗できているのはNHKの大河ドラマ「真田丸」ぐらいのものだ。

「アメトーーク!」が日曜ゴールデンへ進出

だが、秋の改編でこの独走態勢に異変が起こるかもしれない。台風の目になる可能性があるのは、テレビ朝日が深夜に放送している人気番組「アメトーーク!」の日曜ゴールデン進出だ。

「日曜もアメトーーク!」という深夜とは別の番組として10月16日から放送が始まった。初回放送の2時間特番では「体当たりシミュレーション」と「ついつい食べ過ぎちゃう芸人」という2つの企画がメイン。過去にも人気を博してきた名物企画で満を持してスタートを切ることになった。DVDの売り上げも好調で長年にわたって根強い支持を受けてきた「アメトーーク!」がゴールデンに上がることで、日テレの支配体制に風穴を開けることができるかもしれない。

「アメトーーク!」は、雨上がり決死隊がMCを務めるトークバラエティ番組。もともとは「アメトーク!」という番組名で2003年に始まった。開始当初は俳優や芸人などさまざまなジャンルのゲストを招いて話を聞いていくシンプルなつくりのトーク番組だった。

次ページ番組のテイストが変わったきっかけとは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。