不二家のキャンディが中国市場で売れる理由

現地で人気を誇るのはあのキャラクター

中国の売り場で。列車をあしらったかわいい什器が子どもたちに人気だ

不二家といえば老舗の洋菓子チェーンとして有名だ。創業は1910年(明治43年)。全国の洋菓子店(950店)の店頭を飾るキャラクター「ペコちゃん人形」(1950年、6歳の女の子として誕生)を連想する方も多いだろう。最近では「ルックチョコレート」や焼き菓子の「カントリーマアム」などがおなじみだ。

日本以外にも「ペコちゃん」が大活躍している国がある。中国だ。売れているのは、なつかしい「ポップキャンディ」。白い棒に飴がついていてペロペロとなめる、あのキャンディだ。日本では1954年に発売され大人気を博した後、現在はピークを過ぎたが、中国では「不二家棒棒糖」の名前で人気が継続。中・高級スーパーを中心にしっかり売れている。小売店での価格は一袋20本入り13元(約200円)が標準的だが、現在は売上高100億円規模を狙えるところまで成長している。

他社より遅れた中国進出

同社は中国事業(本拠は浙江省・杭州)の詳細については公開していないものの、同国での売上高は前々期約30%増、前期も22%増と好伸。国内事業に比べて採算も良い。同社は2007年に期限切れの牛乳を原料としたシュークリームを製造し経営が混乱、翌年に山崎製パンの子会社となった経緯がある。中国事業は本格復活への大事な柱の一つだ。

では、なぜ中国でポップキャンディが売れるのか。同社の中国事業は最初から決して順風満帆だったわけではない。

中国進出はいまから12年前の2004年にさかのぼる。手さぐりで日本の製品を輸入する形でビジネスを始めた。棒つきのポップキャンディは専用ラインでの生産が必要なため、まずは日本製のポップキャンディ(4種のフルーツ味20本パック)の輸入販売を始めたが、これが好調だった。

次ページ中国ではミルク味が人気
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT