第2回TV討論は「女性蔑視発言」を巡る応酬に

「ビル・クリントン氏は実際に行動した」

 10月9日、米大統領選の候補者による第2回討論会が、中西部ミズーリ州セントルイスの大学で開催され、民主党候補のヒラリー・クリントン氏(写真右)は、共和党のドナルド・トランプ氏(写真左)による女性蔑視発言を厳しく追及した(2016年 ロイター/Jim Young)

[セントルイス 9日 ロイター] - 米大統領選の候補者による第2回討論会が9日、中西部ミズーリ州セントルイスの大学で開催され、民主党候補のヒラリー・クリントン氏は、共和党のドナルド・トランプ氏による女性蔑視発言を厳しく追及した。

この日最大の焦点となったのは、トランプ氏が2005年のテレビ番組収録の際、合意なしに女性を「思うままにする」ことに言及するなど、品性に欠けるコメントをしていた問題だ。トランプ氏は討論会で、恥ずかしく思っているとする一方、「単にロッカールームでの会話のようなものだ」とも述べ、ヒラリー・クリントン氏の夫で元大統領のビル・クリントン氏のほうが女性に対して悪質な扱いをしたと反論した。

トランプ氏は「私は言っただけだが、彼(ビル・クリントン氏)は実際に行動した」と強調。ヒラリー・クリントン氏は、トランプ氏の女性に関する発言は大統領に相応しくないことを示していると攻撃した。

トランプ氏は、ヒラリー・クリントン氏が国務長官時代に私用メールを職務に使っていた問題について、自分が大統領に当選した際にはクリントン氏を収監すると述べるなど、終始強気の姿勢を崩さなかった。

最後の直接対決となる第3回討論会は10月19日に開催される。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT