「盗撮スクール」、なぜ韓国で大ブームなのか

汚職防止新法施行、高額懸賞金が人々を魅了

[5日 ロイター] - 接待文化が根強く残っている韓国で9月、厳しい汚職防止法が施行された。汚職の証拠を押さえて懸賞金を得ようとする市民が、盗撮グッズの使い方を教える学校へ押しかける事態となっている。

「パパラッチ」志願者が狙うのは、公職者らが限度額を超えた贈答品や食事の接待を受けている現場写真。「学校」では、レストランのゴミ箱からレシートなどの証拠品を隠しカメラで撮影したり、結婚式や葬式で公職者らが違法な接待を受ける場面を撮影する方法を教える。

当局による懸賞金は約18万ドル(1900万円)と、一般市民には喉から手が出るほど欲しい大金だ。「学校」の生徒は老若男女さまざま。ある女性はマンション購入資金のため、そして子供らのためにより良い社会を作るために懸賞金を狙っていると話した。

今回施行された「不正請託及び金品等の収受禁止に関する法律」によって、飲食業界などは100億ドル以上の減収になるとの予想も出ている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。