「盗撮スクール」、なぜ韓国で大ブームなのか

汚職防止新法施行、高額懸賞金が人々を魅了

[5日 ロイター] - 接待文化が根強く残っている韓国で9月、厳しい汚職防止法が施行された。汚職の証拠を押さえて懸賞金を得ようとする市民が、盗撮グッズの使い方を教える学校へ押しかける事態となっている。

「パパラッチ」志願者が狙うのは、公職者らが限度額を超えた贈答品や食事の接待を受けている現場写真。「学校」では、レストランのゴミ箱からレシートなどの証拠品を隠しカメラで撮影したり、結婚式や葬式で公職者らが違法な接待を受ける場面を撮影する方法を教える。

当局による懸賞金は約18万ドル(1900万円)と、一般市民には喉から手が出るほど欲しい大金だ。「学校」の生徒は老若男女さまざま。ある女性はマンション購入資金のため、そして子供らのためにより良い社会を作るために懸賞金を狙っていると話した。

今回施行された「不正請託及び金品等の収受禁止に関する法律」によって、飲食業界などは100億ドル以上の減収になるとの予想も出ている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT