「固定式ホーム柵」は、転落事故防止に有効か

ホームドア設置までの「つなぎ」になる?

内方線(下側)の付いた点字ブロック。内方線がある側がホーム内側、ない側が線路側を示している(写真: yutaadachi / PIXTA)

加藤氏が問題視するのは、ホームドアの設置が費用面などで難しいと思われるローカル線の駅でも転落事故が発生していること、そして設置が決まった駅でも、実際に整備され稼動するまでに時間がかかることだ。

加藤氏は「すべての駅にホームドアが設置されるのが理想だが、地方の小さな駅まで設置されるとは考えにくい。固定柵はあくまで部分的な柵なので100%安全ではないが、命を守るためには取り付けるべき」と主張する。

固定柵の安全性については、さらなる検証が求められそうだ。社会福祉法人日本盲人会連合の藤井貢組織部長は、固定柵について「たとえば6両編成分の長さがあるホームで発着する電車はすべて4両編成という場合、電車の停まらない2両分を柵でカバーするといった方法は安全策として効果的」と話す。だが、電車のドアとドアの間に固定柵を設置する方法については「検証をしてみなければ分からないだろう」と指摘する。また、ある鉄道会社の関係者は、4月に東京の地下鉄で起きたベビーカー引き摺り事故のようなことがあった場合、被害が拡大しかねない点を懸念する。

次善の策としては効果ありか?

固定柵を多くの駅に設置している例としては、東急電鉄の各線が挙げられる。東急では2011年8月に田園都市線の市が尾駅(神奈川県横浜市)に取り付けたのを皮切りに、同線や東横線、大井町線の多くの駅に固定柵を設置した。同社は2020年を目標に、これら3路線の全64駅に可動式ホーム柵を整備する計画だが、「それまでの間、早期に実現可能な転落防止策として」固定柵を設置しているという。

このほか、これらの3路線に比べて編成が短く、列車の速度もやや遅い池上線と東急多摩川線では、センサー付きの固定式ホーム柵を安全設備として設置している。列車の発車時に柵より外に出ると、センサーが反応する仕組みだ。具体的なデータはないものの、固定柵の設置以来、転落事故の件数は以前と比べて減ったようだと関係者はいう。

国交省鉄道局の「駅ホームにおける安全性向上のための検討会」担当者は、「予算の問題など制約もあるが、視覚障害者の方々の貴重な意見を反映していきたい」といい、年内をメドに取りまとめを進める方針だ。さまざまな意見のある固定柵だが、時間のかかるホームドア設置までのつなぎや、設置が困難な駅での「次善の策」として検討の価値はありそうだ。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT