「固定式ホーム柵」は、転落事故防止に有効か

ホームドア設置までの「つなぎ」になる?

安全対策としてベストなのはこのような「可動式ホーム柵」の設置だ(写真:YNS / PIXTA)

固定柵とは、読んで字のごとくホーム上に固定された柵のこと。ホームドアとは異なり、電車のドアの部分には基本的に遮るものはない。ホームドアと比べると低コストだが、ホームと線路を完全には遮断できないため、やや簡易的な安全対策といえる。

国交省によると、固定柵もホームの安全対策の一つとして過去に議論には上ったものの、メリットやデメリットを検討した結果、ホームドアの設置を推進することになった経緯があるという。視覚障害者からは「開口部がどこにあるか分からないので逆に不安になる」といった意見や、もし普及した場合、ホームドアの代わりに固定柵の設置で済まされてしまうのではといった懸念もあったようだ。

安全対策の一例として固定柵の設置を挙げた、視覚障害リハビリテーション協会理事の加藤俊和氏も「転落を防ぐには可動式ホーム柵が一番なのは当然で、固定柵は論外と扱われてきたのは事実」と語る。だが、「それでも(ドアの部分以外など)ホーム全長の3分の1程度であっても柵を設置できれば、転落事故を大幅に減らせる」と説明する。

線路の方向を知る手がかりに

加藤氏によると、視覚障害者がホームから転落する事故の6~7割は、ホーム上で人にぶつかるなどで、どちら側が線路なのか分からなくなったことが原因だという。固定式であっても柵があれば、身体がぶつかるなどして方向を知る手がかりになる。

また、視覚障害者の転落事故は線路に向かって直角に落ちるのではなく、線路と並行して歩いている際に足を踏み外して転落するケースが多いといい、このような場合は固定柵があれば転落せずに済むだろうと加藤氏は指摘する。このほか、高齢者や体調を崩した人がつかまることもできるため「視覚障害者だけでなく、多くの人々の安全性向上に役立つ」という。

次ページ「100%でなくても命を守れる」
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT