トルコが警官1万2801人を停職処分

7月のクーデター関連で

 10月4日、トルコ警察は、7月のクーデター未遂の首謀者と断定した米国在住のイスラム指導者ギュレン師およびそのネットワークとの関係が疑われるとして、警官1万2801人が停職処分を受けたとの声明を発表した。写真はイスタンブールで7月撮影(2016年 ロイター/Osman Orsal)

[アンカラ 4日 ロイター] - トルコ警察は4日、7月のクーデター未遂の首謀者と断定した米国在住のイスラム指導者ギュレン師およびそのネットワークとの関係が疑われるとして、警官1万2801人が停職処分を受けたとの声明を発表した。

このうち2523人が警察署長という。トルコの警察職員の総数は約25万人。

3日には、政府が非常事態宣言を3カ月延長している。

事件後の取り締まりで、軍関係者、公務員、警察、司法関係者約10万人が停職や解雇処分を受けたほか、3万2000人が事件関与が疑われるとして逮捕されている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。