トルコが警官1万2801人を停職処分

7月のクーデター関連で

 10月4日、トルコ警察は、7月のクーデター未遂の首謀者と断定した米国在住のイスラム指導者ギュレン師およびそのネットワークとの関係が疑われるとして、警官1万2801人が停職処分を受けたとの声明を発表した。写真はイスタンブールで7月撮影(2016年 ロイター/Osman Orsal)

[アンカラ 4日 ロイター] - トルコ警察は4日、7月のクーデター未遂の首謀者と断定した米国在住のイスラム指導者ギュレン師およびそのネットワークとの関係が疑われるとして、警官1万2801人が停職処分を受けたとの声明を発表した。

このうち2523人が警察署長という。トルコの警察職員の総数は約25万人。

3日には、政府が非常事態宣言を3カ月延長している。

事件後の取り締まりで、軍関係者、公務員、警察、司法関係者約10万人が停職や解雇処分を受けたほか、3万2000人が事件関与が疑われるとして逮捕されている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。