オバマ政権移民改革、最高裁が再審請求却下 

下級審の改革差し止め判断を維持

 10月3日、米連邦最高裁は、移民制度改革に関してオバマ政権が出していた再審請求を退けた。写真は米・メキシコ国境を隔てる壁。9月撮影(2016年 ロイター/Jose Luis Gonzalez)

[ワシントン 3日 ロイター] - 米連邦最高裁は3日、移民制度改革に関してオバマ政権が出していた再審請求を退けた。大統領は改革で不法移民に米滞在への道を開くことを目指したが、下級審の改革差し止め判断が維持されることとなった。

移民制度改革はオバマ大統領が2014年に発表した。共和党が支配する議会を回避し、大統領令で改革を実行するという強行策に踏み切ったが、テキサス州などの26州が違憲行為と主張し提訴していた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT