オバマ政権移民改革、最高裁が再審請求却下 

下級審の改革差し止め判断を維持

 10月3日、米連邦最高裁は、移民制度改革に関してオバマ政権が出していた再審請求を退けた。写真は米・メキシコ国境を隔てる壁。9月撮影(2016年 ロイター/Jose Luis Gonzalez)

[ワシントン 3日 ロイター] - 米連邦最高裁は3日、移民制度改革に関してオバマ政権が出していた再審請求を退けた。大統領は改革で不法移民に米滞在への道を開くことを目指したが、下級審の改革差し止め判断が維持されることとなった。

移民制度改革はオバマ大統領が2014年に発表した。共和党が支配する議会を回避し、大統領令で改革を実行するという強行策に踏み切ったが、テキサス州などの26州が違憲行為と主張し提訴していた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT