オバマ政権移民改革、最高裁が再審請求却下 

下級審の改革差し止め判断を維持

 10月3日、米連邦最高裁は、移民制度改革に関してオバマ政権が出していた再審請求を退けた。写真は米・メキシコ国境を隔てる壁。9月撮影(2016年 ロイター/Jose Luis Gonzalez)

[ワシントン 3日 ロイター] - 米連邦最高裁は3日、移民制度改革に関してオバマ政権が出していた再審請求を退けた。大統領は改革で不法移民に米滞在への道を開くことを目指したが、下級審の改革差し止め判断が維持されることとなった。

移民制度改革はオバマ大統領が2014年に発表した。共和党が支配する議会を回避し、大統領令で改革を実行するという強行策に踏み切ったが、テキサス州などの26州が違憲行為と主張し提訴していた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT