真理は発見されるのか、発明されるのか?

私の心の中の澱、20年問い続けてきたこと

未だ答えに辿り着かず、日本と国家を問い続ける

さて、二番目の問い、「日本とは何か? そして国家とは何か?」に関してですが、未だに納得できる解答には辿り着いていません。そもそも国家とは何か?

昨年お亡くなりになった作家の丸谷才一氏。氏は著書『文学のレッスン 』(聞き手・湯川豊。新潮社、2010年、p.44)において、次のように述べています。

ベネディクト・アンダーソンが『想像の共同体 』のなかで、近代の国民国家の成立は、十八世紀にヨーロッパで開花した小説と新聞が大きく寄与している、といってますね。近代小説が近代国家をつくった。

・・(中略)・・・近代国家というのは共同体ではあるけれど、市町村とか、宮廷とか、劇場のなかみたいな、目に見える共同体ではない。心のなかに浮ぶ、想像力によって成り立つ共同体でしょう。そういうものを作りあげるには何か媒体が必要だった。その媒体が新聞と小説だったんですね。

ノーベル賞受賞者の国籍と、自分の国籍の関係とは?

続いて、文藝評論家・映画評論家としても知られるフランス文学者の蓮實重彦氏は、文藝誌『新潮』2009年1月号(pp.327-8)の「随想」と題するエッセイで、

「近代」とは、しばしば口にされる「個人」の発見などとはおよそ無縁に、人々が自分の「国籍」を意識せずにはいられなくなった一時期と定義さるべきものだということぐらいには、ここで触れておくべきかもしれない。

と述べています。

著者撮影:トロントに渡ったばかりの頃は、異邦人の例に漏れず、見るものみな珍しく

そもそもノーベル賞の「受賞者と自分とが同じ国籍の場合にはしかるべき興味を示すが、そうでなければニュースとしてはあっさり無視する」(蓮實氏の同エッセイ、p.325)という現象は一体何なのか? 私は、これをどのように考えたらよいか、未だに20年来の模索を続けています。

30年前、40年前、日本にとってまだ「海外」が遠かった頃。外国に渡った少数の選ばれし者たちの「旅行記」は、単なる「海外」というだけで、多くの人々の関心と憧憬とを呼び起こしました。

翻って2013年の現在。世界における日本の相対的地位は、最近ではやや落ち込んでしまったとは言え、向上してきたと言えるでしょう。翻って、国家を中心とする世界構造の基本的枠組みにはあまり変化がないと言えそうです。

私は、私自身の二番目の問いをカナダの地において考え続けたいと思っています。

次ページ人が国家を形づくるのは「国民」になるためではない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT