中国・四国で悲鳴、ハスモンヨトウの深刻被害

6年ぶり大量発生、イチゴやキャベツがピンチ

ハスモンヨトウの食害を受けた大豆の葉(佐賀県農業技術防除センター提供)

佐賀県農業技術防除センターは28日、大豆や野菜、花きに食害をもたらす「ハスモンヨトウ」が大量発生しているとして、県内全域に注意報を出した。県内の注意報発令は2010年以来、6年ぶり。中国・四国地方を中心に深刻な被害が出ており、薬剤散布などの対策を急ぐよう呼び掛けている。

当記事は佐賀新聞LIVEの提供記事です

ハスモンヨトウは夏が高温少雨だった年に多く発生しやすい。4センチ前後に成長した黒褐色の幼虫が大豆の葉やさやを好んで食べる。イチゴやキャベツ、キク、カーネーション、かんきつ類などさまざまな作物に食害をもたらす。

県内22カ所の大豆畑で実施した調査では、68.2%のほ場で幼虫が発生し、発生株は7.8%(平年4.9%)。特に9月後半に入って成虫の捕獲数が前週比で倍増となる1500匹を超え、産卵数が増加する見通しという。

県農業技術防除センターは「今後1カ月は平年よりも高い気温が続くことが予想され、しばらくは予断を許さない状況。早期防除を徹底してほしい」と話す。

佐賀新聞LIVE の関連記事
ドローンで害虫駆除 佐賀県、佐大、オプティム
台風被害で品薄、野菜高騰 タマネギは倍近く
玄海町産の薬用植物「トウキ」初出荷
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • iPhoneの裏技
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT