もし黒田日銀総裁が再任されなかったら

金融緩和川柳「日銀の苦労打算が見え隠れ」

さて、インフレ目標の達成は不本意な長期戦になってしまったが、今週のメインレースは「電撃の6ハロン!」の異名を持つ「スプリンターズ・ステークス」であり、秋のGⅠシリーズの緒戦だ。

スプリンターズSは、ミッキーアイルから

言うまでもなくスピードの絶対値が重要なレースだ。一番人気は、春のスプリントGⅠ高松宮記念を制したビッグアーサーかも知れないが、6ハロン(1200m)戦での上がり目を買って、高松宮記念2着のミッキーアイルを本命に抜擢したい。同馬は、マイル(1600m)から徐々に距離を縮める珍しい臨戦過程を踏んでいるが、マイルには前向き過ぎる気性が6ハロン戦により合う気がする。

1分6秒台の持ち時計を持つ点からも、ビッグアーサーは対抗以下には落とせない。ミッキーアイルとの勝ち負けは、ごく小さな要因で動きそうだ。

単穴候補の馬は少なくないが、迷った末だが、持ち時計順、そしてGⅠでは格別の鞍上M・デムーロを評価してレッドファルクスを採る。

以下、潜在力のありそうな3歳馬から、ブランボヌール、ソルヴェイグを押さえておきたい。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT