2015年民間給与は「平均420万円」だった

前年比1.3%増

 9月29日、国税庁の民間給与実態調査によると、2015年の給与所得者の平均給与は420万円となり、前年比1.3%増加した。増加は3年連続で、420万円台は2008年(429万円)以来。写真は都内で2012年11月撮影(2016年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 29日 ロイター] - 国税庁の民間給与実態調査によると、2015年の給与所得者の平均給与は420万円となり、前年比1.3%増加した。増加は3年連続で、420万円台は2008年(429万円)以来。

男女別では男性が521万円(同1.2%増)、女性が276万円(同1.4%増)。正規・非正規別では正規が485万円(同1.5%増)、非正規が171万円(同0.5%増)だった。

給与階級別では、男性は300万円超400万円以下が最も多く全体の18.3%。女性では100万円超200万円以下が最も多く全体の26.1%を占めた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。