2015年民間給与は「平均420万円」だった

前年比1.3%増

 9月29日、国税庁の民間給与実態調査によると、2015年の給与所得者の平均給与は420万円となり、前年比1.3%増加した。増加は3年連続で、420万円台は2008年(429万円)以来。写真は都内で2012年11月撮影(2016年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 29日 ロイター] - 国税庁の民間給与実態調査によると、2015年の給与所得者の平均給与は420万円となり、前年比1.3%増加した。増加は3年連続で、420万円台は2008年(429万円)以来。

男女別では男性が521万円(同1.2%増)、女性が276万円(同1.4%増)。正規・非正規別では正規が485万円(同1.5%増)、非正規が171万円(同0.5%増)だった。

給与階級別では、男性は300万円超400万円以下が最も多く全体の18.3%。女性では100万円超200万円以下が最も多く全体の26.1%を占めた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT