2015年民間給与は「平均420万円」だった

前年比1.3%増

 9月29日、国税庁の民間給与実態調査によると、2015年の給与所得者の平均給与は420万円となり、前年比1.3%増加した。増加は3年連続で、420万円台は2008年(429万円)以来。写真は都内で2012年11月撮影(2016年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 29日 ロイター] - 国税庁の民間給与実態調査によると、2015年の給与所得者の平均給与は420万円となり、前年比1.3%増加した。増加は3年連続で、420万円台は2008年(429万円)以来。

男女別では男性が521万円(同1.2%増)、女性が276万円(同1.4%増)。正規・非正規別では正規が485万円(同1.5%増)、非正規が171万円(同0.5%増)だった。

給与階級別では、男性は300万円超400万円以下が最も多く全体の18.3%。女性では100万円超200万円以下が最も多く全体の26.1%を占めた。

人気記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。