フェラーリ「GTC4ルッソT」の隠れた初挑戦

4人乗りV8ターボはAWDを継承しない

4シーターモデル「フェラーリ GTC4 ルッソT」を発表

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

フェラーリは9月22日、同社初となるV8ターボエンジンを搭載した4シーターモデル「フェラーリ GTC4 ルッソT」を発表した。

今月末にプレスデイが開幕、10月1日に一般公開も予定されるパリ・サロンにて、フェラーリ本社は限定生産スペチアーレ「ラ フェラーリ」のオープントップ版、「ラ フェラーリ アペルタ」のワールドプレミアを行うことを既に発表していたが、さらにもう1台のニューモデルが、サプライズ的にお披露目されることになった。

その名は「フェラーリ GTC4 ルッソT」。この夏、日本国内でも正規リリースされたばかりのフラッグシップ、「フェラーリ GTC4 ルッソ」に追加されるV8ツインターボ搭載バージョンである。

最大のトピックは、GTC4ルッソではフェラーリの象徴とも言うべきV型12気筒6.3リッター自然吸気エンジンが搭載されているのに対して、ニューカマーのGTC4ルッソTでは「2016年インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」の総合部門1位に輝いた3.9リッターV8ターボエンジンをパワーユニットとして選んでいること。

次ページ今回発表されたスペックは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。