年間数百万円!米大学の学費を下げる「妙案」

戦闘機1機の節約が大きな違いを生む

米軍のF-35戦闘機。1機分の費用は大学で3358年学ぶコストに匹敵する(写真:John E. Wilson via ウィキメディアコモン)

米国の大学の無料化は、全志願制の米軍にとって脅威になるのか? ベンジャミン・ルクセンバーグ氏がミリタリーブログ「破綻した戦争(War on the Rocks)」 でこんな問いかけをした。だが、これは同氏個人の疑問というにとどまらず、現在と将来の国民に深く関わる問題なのだ。

他のほとんどの先進国とは違い、米国での大学進学負担は非常に重い。ドイツやスウェーデンの大学は完全に無償で、韓国最高峰のソウル大学の学費は英オックスフォード大学とほぼ同額の年間約1万2000ドルだが、ハーバード大では授業料や寄宿舎の家賃と食費などで年間6万3000ドルがかかり、学位1つを取るのに25万ドルが必要だ。ほどほどの公立大学でも、授業料と寄宿舎の家賃と食費で、年間2万2000ドルがかかる。

今のところ、米国で高等教育を受けられるのは、親が裕福だったり、莫大な借金を抱えることになるような、ひと握りの人々だけなのだ。

入隊者の75%は教育面の恩恵が目的

現行の新復員兵援護法では、復員して進学した場合、授業料を対象に最大で年間2万ドルの補助が受けられる。ハーバード大の場合、支給額は(寄宿舎費用なども対象になって)月2800ドルとなる。「黄色いリボン」プログラムに参加している大学に行けば、補助はさらに追加される。陸軍士官学校に進んだり、卒業後の入隊を前提とする大学の予備役将校訓練課程(ROTC)を選択すれば、学費の全額ないしは大部分が補助される。

入隊するか将校になろうとした者の約75%は、その目的が教育面の恩恵だったとしている。その流れでルクセンバーグ氏は、民主党大統領候補、ヒラリー・クリントン氏が大学の授業料値下げを提案していることが、全志願制である米軍への脅威になるのでは、と問いかけたのだ。大学に安く行けるようになれば、こうした人々が依然として入隊を望むだろうか、というわけだ。

次ページ従軍関係者への補助、実はごく一部
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT