職場での孤立を終わらせる「3つの行動」

簡単な心掛けで、人生の見え方が変わる

「本当におしゃれかどうかは靴を見れば分かる」とは、よく聞く言葉ですよね。ファッションで一番手を抜きやすいのが靴だからです。どんなに今風の服に身を包み、ヘアスタイルにこだわったとしても、靴で手を抜けば台無しです。仕事も同じです。目立たないところだからと、手を抜いてはいけません。どれだけのことができたかではなくて、「どれだけ心を込めたか」が大切です。

そして、そのような姿勢には誰もが共感するものです。あなたが意識してその姿勢を外に見せようとしているかどうかは関係がないから不思議なものです。

簡単な仕事を馬鹿にしない

最後は、「簡単な仕事を馬鹿にしない」についてです。

よく「形から入る」といいますが、形を変えることで心も変わります。楽しいから笑うだけではなくて、笑うことで楽しくなります。順序を逆にすれば、あなたの行動の方が変わるのです。

あなたが立派な振る舞いをするように心掛ければ、あなたは立派な心の人に変わります。あなたが優しく振る舞うようにすれば、優しい心の人に変わります。あなたが他人を気遣うようにすれば、気遣いのできる人に変わるのです。

そして、いちばん大切なことは、何事も絶対に馬鹿にしないということ――。

私の好きな言葉に、千利休の「稽古とは 一より習ひ 十を知り 十よりかへる もとのその一」があります。稽古とは、基本から習いはじめて、一から順番に習得して十のレベルに達するものです。しかし、ここで満足をしてはいけないということです。もう一度、基本の一に立ち返るのです。これによって、一度目では分からなかったことも、しっかりと見通せるようになっていきます。十に達しただけで満足してしまえば凡人ですが、また一から十までを繰り返せる人が本物のプロになれるのです。

今はもう自分のやる仕事ではないと思っている仕事はないでしょうか。少し先輩になったから、もうあんなことはやらないと思っている仕事はないですか。一度しっかりと基本に立ち返る習慣を持ちましょう。その仕事をあなたが率先してやってみるといいでしょう。あなたからやると申し出てみてください。あなたの人間関係は劇的に改善されるはずです。この効果は絶大です。

すべては心の持ち方ひとつです。何事も馬鹿にせず真剣に取り組む人をけなす人はいません。仲間外れにする人もいません。人間関係を変えるのはあなたの行動です。あなたが変われば、あなたの人間関係も変わるのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT