「大将軍駅」が語る「短命モノレール」の大構想

姫路市内の南北結ぶ路線計画や鳥取延伸も…

モノレールの施設は廃止後も一部を除いて撤去されず、事実上放置に近い扱いだった。2000年代に入ると、手柄山の地下に設けられていた手柄山駅の再活用構想が浮上。同駅で保管されていた車両や駅名標などを展示する施設に改装され、2011年4月に「手柄山交流ステーション」としてオープンした。

画像を拡大
大将軍駅は開業からわずか2年で休止。姫路モノレールも8年で営業を終了した

一方、高尾アパートは大将軍駅の施設が閉鎖された後も、アパートやビジネスホテルなどの商業施設として使われ続けた。しかし、建設から半世紀近くが過ぎて老朽化が進み、このほど解体が決定。大将軍駅も姿を消すことになった。そこで姫路市は今年8月13・14日の2日間、一般向けの見学会を実施したのだ。

これに対し、沿線住民だけでなく鉄道マニアや建築マニアらの応募が殺到。最終的には10倍以上の競争率になったという。見学会に参加した40代男性のマニアは「子供の頃に絵本で見た青い車体のモノレールの絵が、ずっと記憶に残っていた。まさか生きているうちに『幻のモノレール』の大将軍駅を見られるとは」などと話し、すすけたホームや駅名標に目を輝かせながら、カメラのシャッターを何度も切っていた。

「未来の乗り物」として整備

画像を拡大
手柄山駅は姫路モノレールをしのぶ展示施設に。車両も保存されている

姫路モノレールの運行期間はわずか8年で、大将軍駅に至っては2年間しか営業していない。「幻のモノレール」と言いたくなる気持ちもわかる。とはいえ、営業していたことは事実だから、厳密にいえば幻のモノレールではない。

ただ、姫路における都市交通整備の歴史という視点で見ると、姫路モノレールは「幻のモノレール」と言い切っていいのではないかと思う。開業した姫路~手柄山間は、姫路市が構想していた路線のごく一部に過ぎず、これ以外の区間は実現しなかったからだ。

姫路市は戦後、復興計画の一環として道路など交通インフラの整備を進めた。公共交通の分野では、1946年から市営バスの運行を開始。続いてトロリーバスの運行を計画し、1951年2月には軌道法に基づく営業許可(軌道特許)を受けたが、工事資金の不足を理由に中止している。

続いて1960年代に入ると、姫路市はモノレールの整備を考えるようになる。この頃、モノレールは「未来の乗り物」として注目を浴びており、複数のメーカーが開発に力を入れていた。一方で姫路市内の交通事情が経済発展とともに悪化していたことから、抜本的な交通対策の一環としてモノレールを整備することにしたのだ。

次ページ申請書に残る約8kmの全体構想
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。