ソフトバンク孫氏「No1の裏にビッグデータ」

クラウド活用術をオラクルのイベントで披露

初公開!「ツイート」8200万件解析で支持率探る

2つめの活用事例がツイート解析だ。

実は、ソフトバンクは、これまでに8200万件のツイートなどの投稿を解析している。「こんなことをやっているのは、日本ではわれわれだけでしょう」(孫氏)。

ソフトバンクについてのツイートが、ポジティブか、ネガティブかを解析する。その結果をみて、反省したり、新たなイベントを打ったりするなど、行動に移しているのだという。

「ポジティブなツイートが5割を超えているのはいつか、ネガティブなツイートが5割を超えているのはいつか、これをずっと毎日見ているわけです。ソフトバンクの支持率がどうかを、毎日見ている。このことは今まで秘密にしていたのですが、今日が初めて、本邦初公開」(孫氏)。

おカネより頭を使って、純増ナンバーワンに

頭を使って純増ナンバーワンをつかんだ

携帯電話を売り込む際などにも、グループ会社の資産を使った「行動ターゲティング」の手法が活用されている。

「ヤフージャパンにはさまざまなビッグデータがある。アクセスのエリアや端末の種類、利用者の性別、年齢、検索の履歴、閲覧の履歴、広告表示の履歴など。これを全部ビッグデータとして解析しながら、月間500億PV(ページビュー)の行動履歴を解析し始めている」(孫氏)という。

圧倒的なPV数を誇るヤフージャパンをグループに持つ強みが絶大といえる。これを解析しながら、顧客にどのように効果的な広告を出すかがポイントとなる。

「広告のキャンペーンをピンポイントで行う。たとえば、ドコモのユーザーで10代の女性、さらにギャラクシーのユーザーにだけメッセージを出したいということができる。そんなことを他社がやっていると思いますか。やっていないでしょう」(孫氏)。

携帯電話の純増ナンバーワンは、けっして偶然に、たまたまラッキーでは得られたものではない、というのが孫氏の主張だ。「ソフトバンクが純増ナンバーワンを5年間続けているのは、お金を使っているのではなく、頭を使っているからなんです」。孫氏はそう言い切った。

次ページターゲット絞った広告が奏功
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。