セブン&アイ、“弱点”克服の兆し

「お荷物」のイトーヨーカ堂が急改善

イトーヨーカ堂は12年夏、パート比率を9割に高めて戦力化する一方、正社員を半減させる改革に着手。異動がなく地域の事情に通じているというパートの特性を生かし、接客強化を進めている。セブン&アイの鈴木敏文会長は「モノが豊富な現代では、お客さんは慌てて買う必要がない。このような時代、セルフサービスというやり方では通用しない」と危機感を隠さない。

接客比率が急上昇

これまでは商品を買おうとしても、「売り場に声をかけられる店員がいなかった」(イトーヨーカ堂)。だが、接客の強化に本腰を入れ始めた昨年夏以降、衣料部門の接客比率(レジまで店員が同行して購買した商品の売上高が、総売上高に占める割合)が2割から半分を超えるまでになった。足元では「円安、株高で心理的な明るさがお客様の中に出始めている。回復のチャンスがあるととらえている」(村田社長)。

一方、14年春には消費増税を控え、消費者の購買意欲が再び減退するおそれもある。セブン&アイは「グループでの仕入れの統合、セブンプレミアムなど質を重視した新商品開発を実行する」(村田社長)が、具体的な策については「その(増税の)時点での価格の問題については、その時点で考える。今からどうするとは申し上げられない」(同)。

消費者の心理をとらえ、業績を回復させることができるか。成果は徐々に見えてきたスーパーだが、改革はまだ途上でもある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT