2億円超のスーパーカー対決を知っているか

ケーニグセグとパガーニ、相反する哲学

はたして、知る人ぞ知る“次”はあるのだろうか。実は、ある。フェラーリやマクラーレン、ランボルギーニ、ブガッティ、といった有名ブランドのスペシャルモデルを手に入れてなお、満足しないリッチなカーガイの辿りつく先として、今、2つのハイパーカーブランドが注目を浴びているのだ。それは、スウェーデンのケーニグセグと、イタリアのパガーニ。

(左)クリスチャン・フォン・ケーニグセグ(Christian von Koenigsegg)/1993年ケーニグセグ社を設立。1996年にコンセプトカーを完成させ、2000年に市販第1号を発表。一台一台手作りでスーパーカーを作る。(右) オラチオ・パガーニ(Horacio Pagani)/アルゼンチン出身のオラチオ・パガーニはランボルギーニ社を経て、独立。モデナ・デザインを起業。1999年にはパガーニ・ゾンダC12を発表した

いずれの会社も1990年代に産声を上げた。クルマの世界では新興に属すると言っていい。クリスチャン・フォン・ケーニグセグとオラチオ・パガーニというカリスマ的創始者が今なお80人程度の組織の先頭に立ち、1台2億円以上もする魅力的で恐ろしく速いハイパーカーを、年間わずか20台程度世に送り出している、という点では、互いによく似た者同士だったりする。

が、面白いことに、両社のフィロソフィーや、モデルのコンセプト、キャラクターは、むしろ正反対といっていい。それは、言ってみれば、スウェーデンとイタリアの違いをよく反映した、テロワールの産物と言うこともできるだろう。

スウェーデンのケーニグセグは、徹頭徹尾、テクノロジーオリエンテッドなブランドだ。小さい頃からモノゴトの仕組みを理解するだけでは飽き足らず、その造り方までを自分自身で解明してきたという“モノづくりスペシャリスト”のクリスチャンは、理想の性能や機能を得るために、決して妥協しない。名だたるサプライヤーが“それは造れない”と言えば、自らそれに立ち向かう。

結果、シャシーやボディ、カウルのみならず、エンジン本体から電子制御マネージメントシステム、オールカーボン製ホイールに強力なブレーキシステムにいたるまで、通常、外注するようなパートを自社で設計し、そのほとんどを自社工場内で生産している。クリスチャン曰く、「タイヤ以外、造れないものはない」。そうやって仕上がった、極上のハイパーカーは、過去に、世界最高速度記録を塗り替えたこともある。クリスチャンの造るマシンは、とにかくベラボーに速い!のだ。

次ページレオナルド・ダ・ビンチに近づくべく…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT