2億円超のスーパーカー対決を知っているか

ケーニグセグとパガーニ、相反する哲学

ゾンダに続く現行モデルのウアイラ(パガーニ)と、最新モデルのレゲーラ(ケーニグセグ)

お金持ちが選ぶクルマは、いまやフェラーリ、ランボルギーニではない。1台2億円を超えるケーニグセグ、そしてパガーニがいま、お金持ちの間で定番となっている。創始者、クリスチャン・フォン・ケーニグセグとオラチオ・パガーニによる対決はますます加速していく。

生産台数が飛躍的に伸びたスーパーカー

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

およそ8000台。フェラーリが昨年1年間に世界で販売した台数だ。

絶対的な数で言えば、もちろん“少ない”。けれども、スーパーカーブームが席巻した40年前には、わずか1500台程度に過ぎなかった。生産台数は飛躍的に伸びた。累積=街中の流通量を考えれば、珍しいとは、そろそろ言えそうにない。

人とは違ったクルマに乗りたい。とはいえ、ディーラーに行き、順番を待ち、カタログに載ったモデルを買っていたのでは、最早“違うクルマに乗った”ことにはならない、とスーパーリッチは思い始めている。同じフェラーリを買うにしても、ビスポークオーダーから、世界限定車、さらにはワンオフモデルへと、欲望をエスカレートさせているのだ。

もちろん、フェラーリの限定車ともなれば、“人とは違う”と、クルマ好きの仲間内では見てもらえる。それでも、一般の人にとっては、かの有名なエンブレムの付いた“憧れのクルマ”のひとつ、でしかない。街を走るエンブレムの数の多さ(有名ブランドの泣きどころだ)を、スーパーカーマニアたちは気にするのだった。

次ページ知る人ぞ知る“次”の車とは
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT