2億円超のスーパーカー対決を知っているか

ケーニグセグとパガーニ、相反する哲学

対するイタリアのパガーニは、すべてにわたって芸術的だと言っていい。美は細部に宿る、を用意周到に実践している。幼い頃に欲しいミニカーをスクラッチビルドしていたという“造形の魔術師”オラチオは、師と仰ぐレオナルド・ダ・ビンチに近づくべく、アートとテクノロジーの融合を目指しているのだ。

生産ライン(もちろん両社ともハンドビュルトだ)では、全てのパーツがジュエリーの如く扱われ、ケーシングされた状態で工程を進む。本物のカーボンファイバー、削り出しのアルミニウム、高価なチタニウム合金、特級のレザーハイド、といった極上マテリアルで出来上がったパーツの輝かしいディテールを見ているだけで幸せになってしまう。パガーニの生産現場を見学すれば、逆立ちしても買えない筆者であっても、2億円は決して高くないという気持ちになってしまうほどだ。

もちろん、パフォーマンスも一級。ケーニグセグもそうだが、シャシーの基本的な設計手法は、ル・マン24時間レースなどを戦うスポーツプロトタイプと同種のもので、言ってみれば、速く走ることに徹したレーシングカーを、一分の隙もなくラグジュアリィに仕立て上げたロードカーだ。ちなみに、パガーニに搭載されるエンジンは自社製ではなくメルセデスAMG製。ただし、パガーニ専用に再設計され、入念に組み上げられた12気筒エンジンで、メルセデス用とは似て非なるキャラクターが与えられている。

幸いにして、両ブランドには日本の輸入元があって、貴方が欲しいと思えば相談にのってはくれることだろう。ただし、いずれのブランドを手に入れようと決心したとしても、数千万円におよぶ予約金振り込みから仕様決め、生産開始まで最低でも2年は待たなければならない。特別オーダーもやりたい放題(何と言っても創始者とダイレクトにやり取りができ、彼らに自分の好みを伝え、モディファイさせることも可能だ!)だから、実際には、買うと決めてから納車まで、3年以上待つことだってザラ。それでも、世界中のスーパーリッチ&マニア(有名企業の創業者やF1ドライバーといった有名人も多い)が数十人、ウェイティングリストに名を連ねている。

彼らのガレーヂを想像することは、実はそう難しいことじゃない。ケーニグセグもパガーニも、そして前述した有名ブランドのスペシャルなモデルたちも、ずらりとくつわを並べているに違いないからだ。

(文:西川 淳)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽの闇 金融商品の罠<br>あなたの親も騙されている

犠牲になったのは郵便局を信頼していた人たちだ。編集部に寄せられた多くの声の主である現役・OBの郵便局員や被害者を徹底取材、かんぽ生命の「組織の闇」をえぐり出す。かんぽだけではない。その他の金融商品にも思わぬ罠が。

  • 新刊
  • ランキング