この夏、九州で「マスクが爆売れ」した理由

類を見ない猛暑がもたらした"異常"

あまりの暑さに冷房の効いた部屋で過ごす時間が長くなり…(写真:Bilbo / PIXTA)

西日本を中心に記録的な酷暑となった8月。今夏はリオデジャネイロ五輪のメダル獲得に刺激され、卓球や水泳教室に通う子どもが増え、熊本地震の被災地は「九州ふっこう割」を利用した観光客でにぎわった。

うだる暑さに負けじと冷菓や氷が飛ぶように売れ、暑さ対策のため夜間営業で集客を図ったレジャー施設も。九州の夏を振り返った。

35度以上を記録した日が過去最多に!

当記事はqBiz 西日本新聞経済電子版の提供記事です

夏物商戦ではちょっとした異変があった。ディスカウント店のMrMax(福岡市)によるとマスクの売り上げが前年比4割増。担当者は「あまりの暑さに冷房の効いた部屋で過ごす時間が長くなり、喉を痛める人が多かったようだ」。

九州では最高気温35度以上の猛暑日が続き、福岡県久留米市と熊本県菊池市は8月に入ってから(記事執筆時まで)の30日のうち25日、大分県豊後大野市では24日と過去最多を更新。九州北部の平均気温は平年より1・5度高かった。

気温の上昇に伴い、涼しさを求めた商品の売り上げはアップ。「ブラックモンブラン」などを製造する竹下製菓(佐賀県小城市)では冷菓の売り上げが前年比2割増。氷の卸屋「青木一男商店」(福岡市)でも同2割増の売れ行きだった。

次ページ猛暑大歓迎だった商業施設も
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT