女性も要注意!30代からの「加齢臭」撃退法

男性に対する好感度は、匂いで大きく変わる

世の男性は30代半ばあたりから、肉体的、外見的な衰えを感じ始めることが多い。ただ、「もう老いるばかり」とあきらめるのは間違いだ。服装、髪型、話し方、仕事や生活のスタイルなどを気づかうことによって、若さを演出することは十分できる。この連載では、IBM出身の恋愛コンサルタントである青木一郎氏が、頑張らずに若さを保つためのテクニックを、分野別に紹介する。 
これから暑くなるつれ、気になるのが「加齢臭」。男性だけでなく、女性にも注意が必要だ(撮影:尾形文繁)

青カビのような臭い

年をとると気になり始めるのが「加齢臭」。この“気になり始める”のは本人ではなく、周りの人たちから、というのがありがちなケースです。

たとえば、私の女友達は「最近、ダンナが“おじいちゃん”と同じ臭いがしたのよ〜」と嘆いていました。40歳を過ぎたダンナが、おじいちゃんのような古い脂や青カビのような臭いがしたというのです。一方、当の本人はまったく自覚なし。指摘されたとき「そんなことあるかよ」と認めようとしなかったそうです。

これは怖い話です。人は自分の臭いに鈍感です。つねに漂っている自分の臭いに慣れきってしまうからです。しかし、周りの人は敏感に察知してまゆをひそめているかもしれないということ。だから注意が必要です。特に、「加齢臭だって? 俺には関係ないよ」と思っている30代の人たちに警鐘を鳴らしたいと思います

30代特有の加齢臭がある

加齢臭は皮膚の毛穴から出る皮脂が原因になります。この皮脂の中に含まれるある酸が酸化した結果、加齢臭の元になる「ノネナール」が作り出されるのです。このノネナールは「脂っぽくて青臭い、枯れた」臭いといわれていますが、40歳を過ぎた頃から目立ち始め、年齢に比例して増加します。

ある研究機関が行った官能テスト(実際に、臭いをかいで評価するテスト)では、40歳すぎから臭いが漂い始め、その後は年齢に比例して増加。60代で急増し、40代の約3倍の人に加齢臭が認められるようになるそうです。

この結果だけ見ると、30代の人に「ほ〜ら、俺らには関係ないでしょ」といわれてしまいそうです。しかし、30代には30代特有の年齢的な異臭、つまり加齢臭があるのです。

次ページネットで「上司+加齢臭」と検索すると……
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。