メルセデスの未来映す「マイバッハ6」の美貌

超高級クーペのコンセプトカーを解剖する

「メルセデス・マイバッハ」ブランドのEVコンセプトカー Vision Mercedes-Maybach 6

メルセデス・ベンツは8月18日、カリフォルニアで開催された「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」において、マイバッハブランドのコンセプトカー「ヴィジョン メルセデス・マイバッハ6」を披露した。

世界最高峰の規模と格式を誇るクラシックカーコンクール。北米カリフォルニア州モントレーにて開催される「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」は、今年も盛況のうちに閉幕したが、その会場にて発表された「メルセデス・マイバッハ」ブランドのEVコンセプトカーが、会場を騒然とさせることになった。

美しい?グロテスク? 視覚的インパクトは大

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

「ヴィジョン メルセデス・マイバッハ6」と名付けられたこのコンセプトカーは、スタイリング上は2+2クーペの形態を採りながらも、全長5700mm×全幅2100mm×全高1328mmという、かつての「マイバッハ57」にも匹敵する堂々たるサイズ。そして豊満な体躯を生かした優美きわまるプロポーションを誇る一方で、見る者によってはグロテスクにも映るディテールで視覚的インパクトを与えている。

また往年の名作「メルセデス・ベンツ300SL」の象徴となり、のちに「メルセデス・ベンツSLS-AMG」にもオマージュとして引用されたガルウィング式ドアを採用するのも、大きな特徴と言えるだろう。

24インチの巨大なホイール1本につき、各1基の電動モーターを組み合わせるAWD

パワートレインは、当代最新のコンセプトカーらしく完全な電気自動車。24インチの巨大なホイール1本につき、各1基の電動モーターを組み合わせるAWDである。合計4つのモーターが発生する最大出力は、実に750psにも達するとのことで、0‐100km/h加速タイムは4秒以下。250km/hに到達したところでリミッターが作動するという、恐るべき高性能EVと説明される。

次ページ動画で見るヴィジョン メルセデス・マイバッハ6
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT