膠着した市場が動き出すのは、いつなのか

注目を集める26日のFRBイエレン議長の発言

イエレン議長はジャクソンホールの会合で何を話すのか(2014年の同地で、写真:ロイター/アフロ)

日本ではお盆休みの週も終わり、今週から市場に戻ってきた個人投資家も多いだろう。海外市場でも夏季休暇シーズンが終盤になり、そろそろ市場が動き出すころである。今年の夏は昨年の「チャイナショック」のような出来事もなく、大きな混乱もなかった。

イエレン議長は利上げの時期を明確にするのか

逆に言えば、材料不足でもあり、株価や為替の動きも乏しくなり、強気派も弱気派も動けなかったといえる。しかし、現在のような低ボラティリティの状況が長期化するとは思えない。近いうちに、市場は上昇あるいは下落の方向に大きく動き出すことになろう。

市場の関心は、ワイオミング州ジャクソンホールで開かれる年次会合でのイエレンFRB(米連邦準備制度理事会)議長の講演に集まっている。市場関係者は、この講演の内容をまずは確認したいと考えている。この数日間の市場が膠着しているのは、そのためである。

注目のイエレン議長の講演は26日に実施されるが、市場では「イエレン議長が利上げは遅いペースになるとの見通しを明確にする」と予想する向きが少なくないようだ。

FRB関係者の中でも少数派となったハト派(=利上げ慎重派)としての発言の重みがどの程度なのか、注目することになるのだろう。

次ページFRBは早期利上げに踏み切るのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。