ネスレ「デジタルマーケティング戦略室」の狙い

セールスフォースと共同で自社内に設置

自前のデジタルセンターを設置する企業が増えている理由とは?(写真 :xiangtao / PIXTA)

世界的な食品コングロマリットであるネスレグループのボトルウォーター部門であるネスレ・ウォーターズが、セールスフォースのニューヨークオフィス内に常設のデジタルラボを開設した。マリオットなどもそうだが、自前のデジタルセンターを設置する企業が増えている。

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

セールスフォースと共同で作られたネスレ・ウォーターズのコンシューマーエンゲージメントセンターが目指すのは、消費者コミュニケーションの改善と、ネスレ・ウォーターズのブランドコミュニティの構築だ。「ピュア・ライフ」「ポーランド・スプリング」「ペリエ」「サンペレグリノ」など、8つのブランドのデジタルマーケティングを担当している。

マーケターのミッションも進化している

北米ネスレ・ウォーターズの最高マーケティング責任者(CMO)アントニオ・シュート氏は、「デジタルが消費者の生活に変革をもたらすように、我々マーケターのミッションも進化しつつある。マーケティングといえば、いまのトレンドはパーソナライズされた消費者体験の提供である。だから、我々はブランドキャンペーンだけではなく、双方向の対話やコミュニティの育成に取り組み、真に消費者のパートナーになれるように努めている」と語った。

調査会社フォレスターのアナリスト、クレメント・テオ氏によると、デジタルセンターがマーケティングの勢いを持続させ、リアルタイムで進化させる効果的な手法になっているという。

ネスレ・ウォーターズのコンシューマーエンゲージメントセンターは、ネスレとセールスフォースの従業員混成チームで成り立っており、データアナリスト、ソーシャルリスニングアナリスト、マーケティングマネージャーなどで構成される。チームは一元化されたセンターから、さまざまなソーシャルチャネルやデジタルチャネルを注視してブランドに関する会話に耳を傾け、また、オンラインコミュニティーを管理し、より関連性の高いブランドコンテンツを消費者に提供していく。

次ページアイデアを試す実験室
人気記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。