ヒュンダイ、“究極のエコカー”で先手

燃料電池車のライン生産、トヨタ、日産押さえ世界初を奪取

韓国の大手自動車メーカー、ヒュンダイは2月26日、蔚山(ウルサン)工場で、世界初となる燃料電池自動車(FCV)のライン生産を開始した。

FCVとは、燃料電池(FC)スタックで発生させた電気で動く自動車だ。FCは、水素と酸素を化学反応させて電気を取り出す仕組みの電池(というより発電 装置)で、反応後には水しか排出されない。二次電池(バッテリー)のみから電力を取り出すいわゆる電気自動車(EV)に比べ、一度に積載できる水素から多くの電力を取り出せ、現在のガソリン車以上の航続距離が実現できる。現時点で“究極のエコカー”ともいわれる。

満タン状態で588kmを航続

ヒュンダイが生産するのは、独自開発した燃料電池システムを搭載したSUV(多目的スポーツ車)「ツーソンix35」。満タン状態で、5.6kg(700気圧)の水素を搭載でき、航続距離は588km。最高時速も160km/hと、実用上はガソリン車と同等に使える。

まずは、デンマークやスウェーデンなど北欧の自治体向けに販売する予定だ。北欧各国は、環境対策として電気自動車やFCVの導入を積極的に進めており、ヒュンダイとはFCVの開発でも提携している関係がある。グローバルでの公共機関向けなどを中心に、2015年までに合計1000台の販売を目指す。

今回、蔚山工場に導入したラインは、商業生産をにらんだパイロットラインとの位置づけで、年間1000台の生産能力を持つ。ライン生産を通じて量産技術の開発を進め、コストダウンを図っていく計画だ。今後、15年には年間1万台の能力をメドに商業生産を開始、20年以降は年間10万台以上の生産を目指していく。

次ページ燃料電池車の競争環境は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT