ヒュンダイ、“究極のエコカー”で先手

燃料電池車のライン生産、トヨタ、日産押さえ世界初を奪取

ヒュンダイの燃料電池開発部門の担当者は「コストは現在から半減させないと市場性はない。量産と部材コスト削減の必要があるが、17~18年ころに実現したい」と語る。

燃料電池を巡っては、世界の大手自動車メーカーが取り組んでおり、90年代後半から2000年ごろに試作車を発表。その後、特定の顧客向けにリース販売をするなど商業化に向け開発を続けている。ヒュンダイは開発に着手したのは2000年と遅かったが、05年にはFCV専用の研究拠点を設けるなど力を注いできた。他社がまだ1台1台の個別生産のなか、一足早くライン生産に踏み切った。

トヨタも15年から、日産連合は17年にも量産へ

日本メーカーでは、トヨタ自動車が15年から量産車の販売を開始、20年には次世代自動車で開発提携する独BMWとの共同開発車を投入する計画を明らかにしている。日産自動車も独ダイムラー、米フォードと提携して共同開発に取り組み、早ければ17年にも量産車の販売を行う予定だ。ホンダも独自に開発を進めており、15年に量産車の販売を目指しているところだ。

各メーカーとも、自動車としての基本的な技術開発には目処が付いたとしており、最後の課題であるコストダウンが狙い通り進めば、いよいよFCV時代の到来が見えてくる。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT