小僧寿し大リストラ、社員も直営店も4割減

社長就任後1年で誤算

直営中心の店舗体制も見直しを進める。決算会見の場で木村社長は「マクドナルドやモスバーガーなど大手ファストフードチェーンの直営店とFC店の比率は3対7。現在、小僧寿しでは6対3だがこれを数年で3対7にする」とブチ上げた。

直営店をFCオーナーや社員に売却し身軽に

静岡より西側の直営店については小僧寿しを経営するFCオーナーに売却し、直営店は関東だけに集中する。また社員独立支援制度を作り、希望退職に応じた社員に対しては、社員FCとして店舗の経営を任せる。こうした仕組みを通して、80店舗ほどを2013年12月期中に社員やFCへ売却する予定だ。

木村社長以外の経営陣についても入れ替えを図る方向だ。5人いた取締役のうち、すかいらーく出身の矢代秀己・会長と太田真哉・取締役は、もともと買収から1年間という約束で経営陣に残っていた。また、林正栄・取締役は健康上の理由で、平岡晋一・取締役は出身会社の事情で、昨年12月に辞任済み。後任は社内のプロパーから選任し、次の株主総会で役員を決めることになりそうだ。

合理化を進める一方で、持ち帰り寿司事業のテコ入れを図る。札幌海鮮丸の売却により入手した資金4.5億円を出店や改装などに充てる。既存の「小僧寿し」直営店20店程度を「鉢巻太助」(写真)に改装するという計画もある。小僧寿しでは冷凍した魚だけを使っていたが、鉢巻太助ではチルドした魚を中心にすることで品質が向上、客単価を1100円から1400円に引き上げる狙いだ。

今2013年12月期の業績見通しについては、会社側は売上高170億円(前期比15.8%減)、営業損益は2.6億円の黒字を見込むとしている。既存店の売上高は引き続き前年を下回るとの前提だ。

店舗に関しては直営店の新規出店13店に加え、前期買収した「茶月」61店が通期化する。退店に関しては直営店を50店近く閉店するほか、「札幌海鮮丸」の売却により71店舗が減少、さらに直営店をFCや社員に売却することで約80店の減少を見込む。合わせて、直営店は2012年12月期末の448店から13年12月期末には260店舗へと、4割以上減少する見通しだ。

次ページすかいらーくとの提携は効果薄
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT