元FBI職員、中国に機密情報を提供していた

スパイ行為を認める

 8月1日、米連邦捜査局(FBI)の機密情報を中国に流した容疑で逮捕されていたFBIの元職員クン・シャン・チュン被告が、マンハッタン連邦裁判所に出廷し、中国政府の代理人として違法な活動を行っていた罪を認めた。ニューヨークで撮影(2016年 ロイター/Nate Raymond)

[ニューヨーク 1日 ロイター] - 米連邦捜査局(FBI)の機密情報を中国に流した容疑で逮捕されていたFBIの元職員クン・シャン・チュン被告(46)が1日、マンハッタン連邦裁判所に出廷し、中国政府の代理人として違法な活動を行っていた罪を認めた。

チュン被告は中国で生まれ、米国で市民権を取得。1997年から電気技師としてFBIに勤務。連邦検事によると、同被告は2011─16年の間に、FBI職員のIDや出張スケジュール、内部組織図、立ち入りが制限されている場所で撮影した監視技術関連の書類の写真などを中国側に流していたという。

チュン被告は3月に逮捕されていたが、今回初めてその事実が公表された。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。