電気自動車ビジネスにベンチャーが次々参戦 慶応ベンチャー、こだわりの京都産、そして、改造EV

拡大
縮小

DIY感覚で作れる改造EVの可能性

ビンテージカーをEVとしてよみがえらせる──そんな試みを行っているのが、横浜市のオズコーポレーションだ。

同社の古川治社長は、「1960~70年代のビンテージカーはデザイン性が高い一方、排ガスや騒音の問題がある。それに古いメカだといざ動かそうとしたときに動かない。これらはすべて『EV化』することで解決できる」と語る。

オズコーポレーションは自社ガレージで改造EVを製作する傍ら、「ボルトオンEV」(右写真)も開発。カーアフター事業で培った古川治社長の技術が生きている

古川氏はもともと、自動車のアフターパーツ販売や改造などを手掛けてきた。ただ、アフターパーツの業界は車の改造によって騒音や排ガスの問題を助長しており、世の中の環境意識の高まりに逆行する。そんな現実に疑問を抱いたことが改造EVの製作を始めたきっかけだという。

ビンテージカーのEV改造だけではない。古川氏は改造EVの普及に向けて、独自の取り組みにも精を出している。

一昨年に開発した「ボルトオンEV」キットは、モーターなどの機器を一体化させたもの。対象はまだごく一部の車種だが、エンジンを外して、キットを車体にある既存のネジ穴にボルトで取り付ければ、EVの完成というわけだ。

現在の販売先は自動車整備業者や自治体など。「改造するノウハウのない業者に、まず作ってみようと思ってもらいたい。DIY感覚で皆が気軽にEVを作れるようになれば」と古川氏は期待する。

EVビジネスに詳しい村沢義久・東京大学総長室アドバイザーは、「改造EVはCO2対策として期待できる。最終的には日本全国で年間100万台の生産を目指したい。1カ所で年間100台、拠点が1万カ所あれば可能だ。まだまだコストはかかるが、取り組みは確実に広がっている」と語る。

普及への歩みは鈍いEVだが、ベンチャーのEV熱はまだ高い。彼らが市場拡大のきっかけになるかもしれない。

(撮影:風間仁一郎、ヒラオカスタジオ、大澤誠)

(週刊東洋経済2013年2月16日号)

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT