東京には勝てない。だから「らしさ」を尖らせる

スナックみたいなギター教室って?

どうやって小さな町を拠点に食べていくか。

――この小さな町を拠点にして、これからもフリーランスで食べていけると思いますか。正直言って、僕は不安です。

ギターの技巧や教えるスキルなどの「強み」で勝負したら、たとえばアメリカ人が参入し始めたら太刀打ちできません。あっちはギターが文化として根付いているし、裾野もすごく広いからです。東京にもギターがすごくうまい人がたくさんいる。実際、スカイプを使ってギターのレッスンを提供する人も出始めています。

僕はキャラクターをとがらせて「らしさ」で勝負しなくちゃいけないと思っています。

僕が「らしさ」を一番出せるのが生まれ育った蒲郡です。ギターではなくて「何か」がやりたいという生徒さんが多いので、ギター以外の筋肉がつきますよ。うちはギター教室の格好をした娯楽施設、スナックみたいなものです。

「喫茶スロース」にて。テーブル席を撤去して、3kg釜の大きな焙煎機を設置したという果敢な店だ。
選ばなければ仕事はあるので呼吸するたびに堅実になっていく――。製造業が発達した愛知県の豊かさと限界を象徴したような言葉だ。一度は外に出た人が帰ってくるケースが多いのも「仕事がある」ことが大きな理由になっていると思う。
ただし、チームワークが基本の製造業では、個人の「らしさ」は仕事に生かしにくい。清水さんのように楽しく公私混同していきたい人は、愛知県の質実剛健さを息苦しく感じることがあるのだろう。
仕事にはできなくても、主体的に何かをしてみたい。テレビを見たりレジャー施設で遊ぶのもいいけれど、自由に文化活動をしてみたい。語り合える仲間も欲しい。そんな思いを抱える愛知県人が少なくないことを清水さんは肌で感じているのだろう。ギター教室とコーヒーショップを基盤に、読書会や落語会、英会話教室、編み物教室などを次々に企画している。「好きなものと仕事をマッチングできる場所」を清水さんは自ら創り出したのだ。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT