マツダ、“輸出依存”がケガの功名に

「1ドル77円で利益」に円安追い風

昨年2月に投入した新型SUV「CX-5」は、新しい設計・生産体制に基づく新車の第1弾。昨年末には第2弾として旗艦セダン「アテンザ」も投入した。

この新車種効果により、販売台数は横ばいながらも、今期は黒字転換が見込まれていた。そこに円安の強烈な追い風が吹いたのだ。

「元の木阿弥」回避へ海外生産拡大は堅持

円安が定着すれば、来14年3月期は大幅な増益が期待できる。もともと採算性が高い新型車のウエイトがさらに高まってくるうえに、円安が通期でも業績に貢献することになる。

足元では円安を謳歌するマツダだが、為替が再び円高に振れれば元の木阿弥に戻るだけに、海外生産を拡大し、販売地域で生産する体制を築くという方針は、従来どおり堅持する。

13年に稼動するメキシコ新工場は、15年をメドに年間14万台の生産能力を23万台(うち5万台はトヨタからの生産受託)に拡張することを決めたほか、タイでは年間40万基のトランスミッション工場を新設する。そのほか、新興国を中心に生産拠点(委託等を含む)の拡張を進める方針だ。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。