トルコ大統領機は、ギリギリ撃墜を免れた

クーデターはなぜ失敗したか

 7月17日、トルコのエルドアン大統領(写真)を転覆させようとする企ての真っただ中、反政府側の戦闘機F16のパイロット2人が、大統領機に照準を定めていた。イスタンブールの空港で16日撮影(2016年 ロイター/Huseyin Aldemir)

[アンカラ/イスタンブール 17日 ロイター] - トルコのエルドアン大統領を転覆させようとする企ての真っただ中、反政府側の戦闘機F16のパイロット2人が、大統領機に照準を定めていた。だが大統領機は飛行を続け、最大都市イスタンブールに到着した。

トルコ軍の一部が15日夜にクーデターを起こした後、沿岸部のリゾート地マルマリス近くで休暇を過ごしていたエルドアン大統領は急きょ、イスタンブールに戻ろうとした。

なぜか撃墜されなかった

「少なくともF16機2機が、大統領機がイスタンブールに向かう途中、繰り返し邪魔してきた。大統領機と同機を保護する別のF16機2機をロックオンした」と、今回のクーデターに詳しい元軍将校はロイターに語った。

「なぜ発射しなかったのかが不思議だ」とこの元将校は述べた。

2003年以降、トルコを支配するエルドアン大統領へのクーデターがもし成功していれば、同国を紛争へと陥れ、中東における新たな大きな転換点となっただろう。

あるトルコ政府高官はロイターに対し、エルドアン大統領のビジネスジェット機がマルマリスの空港を出発した後、反政府側のF16機2機から妨害を受けたが、無事にイスタンブールに到着できたと述べた。

次ページ大統領は「すんでのところで死を免れた」
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT