産まない決断をした49歳女性が悟ったこと

私は"私の人生の選択"をしただけである

殻を破ることができた40代雪乃

少子化の今、産まないという考え方は“悪いこと”なのだろうか。

多くが出産を望み、命が生まれることは素晴らしいことだ。しかし、“産まない”という選択肢を選ぶことも否定はできない。決して子供が望めない体でもない、嫌いなわけでもないが、産む決断と同じように、産まない決断をする女性も増えている。

これまで、20代にして産まないことを決意した和香(29)、DINKSでいることを選んだ真奈美(36)、独身を謳歌しているバツイチの恵美(43)、結婚15年目を迎えた香織(46)を紹介した。

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

前回からはこれまで結婚も出産もすることなく、ひとりでここまで生きてきた雪乃(49)にスポットを当て、彼女の20代30代を振り返った。

27歳のとき彼氏にプロポーズをされ、同時に仕事の転機を迎える。しかし、“仕事”を選んだ雪乃は同時に彼との別れを決断した。ひとりで生きていくことを母に話し、自分らしくいていいことを教えてもらった。33歳までは仕事もプライベートも楽しんでいたが、突如、不幸な出来事に見舞われる。

その後は、運命の人だと実感する彼にも出会い、酸いも甘いも経験して、ひとつ成長した雪乃。今回はいまの彼女に迫りたい。

42歳:運命の相手だと思った人との別れ

38歳のときに付き合った彼とは昨年だめになってしまった。理由は彼の本音を受け入れられなかったことだ。

「雪乃と結婚したい」と言われたときは、20代のときと違い純粋にしてもいいかなと思えた。同棲を初めて1年半が経ち、きっと籍を入れたところで関係性も生活もいまと変わらない。そう思えていたのである。

しかし彼が考えている結婚というのは、雪乃とまったく違った。

次ページ「家庭を作ろう」
関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。