産まない決断をした49歳女性が悟ったこと

私は"私の人生の選択"をしただけである

殻を破ることができた40代雪乃

少子化の今、産まないという考え方は“悪いこと”なのだろうか。

多くが出産を望み、命が生まれることは素晴らしいことだ。しかし、“産まない”という選択肢を選ぶことも否定はできない。決して子供が望めない体でもない、嫌いなわけでもないが、産む決断と同じように、産まない決断をする女性も増えている。

これまで、20代にして産まないことを決意した和香(29)、DINKSでいることを選んだ真奈美(36)、独身を謳歌しているバツイチの恵美(43)、結婚15年目を迎えた香織(46)を紹介した。

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

前回からはこれまで結婚も出産もすることなく、ひとりでここまで生きてきた雪乃(49)にスポットを当て、彼女の20代30代を振り返った。

27歳のとき彼氏にプロポーズをされ、同時に仕事の転機を迎える。しかし、“仕事”を選んだ雪乃は同時に彼との別れを決断した。ひとりで生きていくことを母に話し、自分らしくいていいことを教えてもらった。33歳までは仕事もプライベートも楽しんでいたが、突如、不幸な出来事に見舞われる。

その後は、運命の人だと実感する彼にも出会い、酸いも甘いも経験して、ひとつ成長した雪乃。今回はいまの彼女に迫りたい。

42歳:運命の相手だと思った人との別れ

38歳のときに付き合った彼とは昨年だめになってしまった。理由は彼の本音を受け入れられなかったことだ。

「雪乃と結婚したい」と言われたときは、20代のときと違い純粋にしてもいいかなと思えた。同棲を初めて1年半が経ち、きっと籍を入れたところで関係性も生活もいまと変わらない。そう思えていたのである。

しかし彼が考えている結婚というのは、雪乃とまったく違った。

次ページ「家庭を作ろう」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT