「国境なき医師団」の厳しい現実

その活動資金は個人が支える

大地震から2年半 不衛生で劣悪な環境

カリブ海に浮かぶ島国、ハイチ。10年にマグニチュード7・0の大地震が発生し、首都ポルトープランスを中心に甚大な被害を受けた。追い打ちをかけたのが、コレラの大流行だった。MSFはすぐに現地入りし、全国50カ所の施設で活動。およそ17万人のコレラ患者を治療してきた。しかし、13年になっても、いまだコレラは収束する兆しがなく、MSFの支援は続いている。

看護師の京寛(きょうかん)美智子さんは、05年からMSFに参加、これまでシエラレオネ、ナイジェリア、南スーダンなどアフリカを中心に8回の派遣歴を持つ。総派遣期間は45カ月に上る。

震源地に最も近いレオガンにあるコレラ治療のテント病院

京寛さんがハイチに派遣されたのは、10年11月末から翌年2月までの約3カ月間。京寛さんがいた医療施設は、各20ベッドほど入る大きなテントが九つあり、外国人スタッフは医師が3~4人、看護師6~7人、ロジスティシャン5~6人と多く、現地スタッフも約100人ほどいる大きな施設だ。妊婦やHIV患者などもいたが、ほとんどはコレラ患者だ。MSFの施設はコレラ専門施設が多かった。

京寛さんは「地震の後も復旧というには程遠い。きれいな水の確保が難しく、街なかであっても排泄物などを垂れ流しているというのが現状。自分たちの分も含め、とにかく水の確保が重要だった」と振り返る。

最初の1カ月間、夜は外国人スタッフ数名と同じテントでごろ寝していた。水も自分たちで塩素消毒などして使い、衛生状態は劣悪だった。幸いにも外国人スタッフからはコレラに感染した人は出なかった。勤務時間は朝6時から夕方6時までだが、夜間の救急患者などは現地スタッフには任せられないので、「まさに24時間体制だった」(京寛さん)。

京寛さんが怒りに震えたことがあった。それは、ハイチの大統領選(10年11月)のときだ。コレラが大流行している最中に、選挙が行われ、それに伴い一時は内乱状態になり、道路が遮断されたり交通障害も起こった。市民も医者も病院に行きたくても行けない事態となったからだ。

もともと水道などインフラは整備されていなかった。2年以上もコレラの流行が収束しなかったのは、大地震だけのせいではないのだ。

この3カ国は、MSFが援助活動を行っているアフリカ、中南米、中東など約60カ国のほんの一部にすぎない。

次ページ個人の寄付が援助活動を支える
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。