ソフトバンク「史上最高3.3兆円買収」の賭け

IoT時代を先取り、半導体設計会社を電撃取得

アーム社の売上高は2015年12月期9.6億ポンド、営業利益は4.0億ポンド。年間で148億個の半導体の設計に関わった。総資産21.2億ポンドに対して純資産17.9億ポンドと好財務の会社である。ロンドン証券取引所に上場していて、ソフトバンクはアーム株の1.42%をすでに所有している。

アーム社への出資を最終的に意思決定したのは約2週間前。トルコにヨットでバカンスに来ていたアーム社のサイモン・セガースCEOをレストランに誘い、「プロポーズした。(アーム社を買収できないかという)一般的な議論は前からあったが、腹を決めたのはこの2週間。ニケシュ・アローラ氏が取締役会に残っていてくれたら、賛同してもらえたと思う」(孫社長)。

「10年前から欲しかった」

スプリントが改善の兆しを見せていることも、買収を後押ししたようだ(撮影:尾形文繁)

買収金額240億ポンド(3.3兆円)は、日本企業による企業買収として過去最大。とはいえ、3月末時点で2.5兆円の現金を保有しているほか、6月に保有株を大量売却したことで2兆円の現金を手にする予定のソフトバンクにとっては、「倒産するほどの金額ではない。高い技術を有するアーム社は10年以上前からほしかった会社。資金に余裕がなくてできなかったが、今回、アリババ株やガンホー(オンライン・エンターテイメント)株、スーパーセル株を売ったことで2兆円の現金が手に入ることになり、アーム社を買えるようになった」(孫社長)。今回、みずほ銀行から1兆円の借り入れをするが、それも1兆円のスーパーセル株売却による資金が8月に入るまでのつなぎ融資だ。

「英国のEU離脱によるポンド安のタイミングを狙ったのではないか」という記者の質問に対して、「ポンドは下がった。株価が軒並み下がる中、アーム社の株は逆に値上がりしている。対米ドルで影響は相殺されている」と孫社長は「EU離脱による英国の混乱に乗じたのでは」との見方を一蹴した。

確かに、6月頭に1000ペンス程度だったアーム株はじりじりと株価を上げ、7月には1200ペンス前後に値上がりしていた(現在は今回の買収予定価格である1700ペンスにはりついている)。

次ページ「置き土産」をさっそく活用
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT