”まじめ力”だけでは、真の一流にはなれない

西武・秋山に見る、トップに登り詰める条件

昨季終了後の秋季練習で、西武の渡辺監督に「凡才がトップに登り詰める方法」を聞くと、興味深い話をしてくれた。

「プロには当然、妥協しなければいけないところもある。妥協しないとケガをするからね。そこをわかっているかどうか。ケガをすると、元も子もない。プロとして、抜くところがあるのは当たり前。それをうまくできるかで違ってくる。つまり、練習のメリハリだよね。人に言われてやるのではなく、『今日は休む、明日はやる』と信念を持たないと、サボって見えることがある」

要は、気持ちのメリハリ

渡辺にこの話を聞いた数時間後、西武ドームで秋山と話をしていると、くしくも指揮官と同じようなことを語り出した。

「シーズンに入っても、生活にメリハリをつける必要がありますよね。きつくしすぎると、自分を苦しめちゃいますから。やるところと、やらないところを見極める。秋季練習でも、コーチには『様子を見ながらでいい』と言ってもらっています(12年シーズン終盤は、左足太ももに負傷を抱えながら出場していたため)。それを言われるのではなく、自分で覚えないと一流にはなれない。今は若いから、声をかけてもらっています。要は、気持ちのメリハリですね」

名選手は一概に、オンとオフの切り替えが上手い。オフでの休養を、良きオンにつなげているのだ。抜くところで抜かなければ、頭も体もオーバーワークで壊れてしまう。

プロ野球は「3年活躍して、初めてレギュラー」と言われる世界だ。一定以上の実力がある者なら2年くらいは勢いで活躍できるが、相手に研究され、肉体&精神に疲労が蓄積される3年目になると、プラスアルファの力をつけなければ結果を残せなくなる。慢心から自らを見失い、檜舞台に帰ってこられなくなる者もいる。

「プロ野球選手は、まじめすぎてはいけない」とよく言われるが、一生懸命に練習するのは言うまでもない話だ。そこに“非まじめ力”をいかにバランス良くミックスさせるかが、トップに登り詰める秘訣である。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT