次の目標はリーマン後の戻り高値1万1408円

日経平均株価が終値で1万1000円台回復

「節分天井」への警戒感も

さて、当面の日経平均株価だが、次の上値メドは10年4月につけたリーマンショック後の戻り高値1万1408円になりそうだ。30日のような勢いがあれば、早期に接近・到達する可能性もある。

しかし、到達したとなれば、達成感から利益確定売りに押される場面も想定しうる。また株式市場には「節分天井」というアノマリーがある。

1月は新規資金流入で株価は上昇しやすいが、2月に入ると3月決算を前に機関投資家が利益確定売りを実行しはじめ、節分前後から株価が下がり出す傾向にあることから、このように言われる。

もちろん実際にこの通りなると決まっているわけではなく、昨年の2月のように日銀の金融緩和(12年2月14日)をきっかけに、2月中旬以降に株価が急上昇したこともある。ただ、昨年と違って日経平均はすでに大きく上昇していることから、「節分天井」が利益確定売りの口実に使われることはあるかもしれない。

前出の東野氏も目先さらに上昇した後については、慎重視しており、調整時の下値メドは「浅くて1万1000円、やや深ければ25日線水準の1万0600円前後」と見ている。

(「株式ウイークリー」編集長 藤尾 明彦)
 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT