これから買えそうな銘柄はどれか

日経平均はボックス相場入り?

割安度を測るための株価指標はいくつもあるが、PBRが1倍未満ということは、時価総額がその会社の解散価値を下回っていることを意味する。

恒常的に黒字体質である銘柄がPBRが1倍を割れているということは理論的には説明がしにくいが、特に2008年のリーマンショック以降はそうした異常事態が常態化してしまった。今後は異常から通常の状況へ戻るだけで、PBR1倍割れ銘柄の株価は水準訂正が進む可能性が高い。

また2ページの表の顔ぶれを見ると、割安放置されていただけあって小粒で地味な銘柄が多い印象を受ける。裏返せば、まだ手垢がついていないため、上昇余地がある銘柄が残されているともいえるだろう。投資には総合的な判断が必要なため、このランキングに顔を出しただけで「即買い」というわけではないが、今年大化けを狙えるお宝銘柄の発掘に役立てていただききたい。

「株式ウイークリー」編集長 藤尾 明彦

 ※上記の銘柄を含め、本情報は、投資の参考となる情報提供のみを目的としています。投資に関する決定は、ご自身の判断で行って下さい。
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。