これから買えそうな銘柄はどれか

日経平均はボックス相場入り?

では、これから狙える銘柄はどのようなものか、いくつかの条件を考えてみた。1)年明け以降も上昇基調を維持、2)業績が順調、3)指標面で割安感がある、4)売りたい時に売れる流動性をある程度確保している――の4つである。

具体的には1月4日終値から1月23日終値までに株価が10%以上上昇。今期予想営業益が前期に比べて増加、今期予想純利益が黒字、かつ配当を実施している、PERが15倍未満でPBRが1倍未満、時価総額が50億円以上という条件を設定して、PBRが低い順に20銘柄をランキングしたのが右の表だ。

次ページ本当に割安な銘柄とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。